古関製造社些末時報

アクセスカウンタ

zoom RSS 半期に一度の更新大盤振る舞い

<<   作成日時 : 2012/07/09 03:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回の明けましておめでとうから暑中をお見舞いまでの期間の、まあ長いこと長いこと。
雀龍門とVitaみんゴルばっかやってるから、この体たらく。

さて、気を取り直して割とどうでも良い、携行通信端末のことを書き殴ります。


当方はスマホ持ちよりもiPod touch(職場ではLifeTouchNOTE)+通信端末が最強伝説となっています。
で、その通信端末、これまではプリペイド式のイーモバイル・D25HWを使っていました。

しかしこの度、新たなる通信端末に乗り換えました事をここに御開帳。

画像

左が従来のD25HW。右が新型のRS-CV0C。

このRS-CV0C、プロバイダのBIGLOBEが提供する3G回線の端末なんである。
もう四の五の言わず、当方なりの製品比較をば。

>>回線
D25HW: イーモバイル回線。場所によって電波強度が下がる。
RS-CV0C: ドコモ回線。ほぼ強度は安定。特に職場で使った時、その差は歴然。

>>電池
D25HW: 標準のだと2時間半程度で底を突きそうになる。
RS-CV0C: D25HWと全く同じ使い方(数時間電源付けっぱなし、時折通信してはスリープ)しても25%〜50%の消費。

>>料金
D25HW: 30日間定額(速度7.2M)で4410円。
RS-CV0C: 繋ぎ放題のスタンダードプラン(速度7.2M)で2770円!

まあD25HWは2・3年も前の製品だから仕方ない面もあるけど、それでもこの料金は実に有難い限り。
何よりも明らかな決定打となった点は、職場でLifeTouchNOTEを使っている時。
以前の日記にも書いたけど、D25HWの時はわざわざ電波スキャンをかけないと通信を始めてくれなかった。
しかし、このRS-CV0Cは全て自動的に通信開始!スリープ状態からの復帰時でも問題なく!
というか、これが端末としてのごく当たり前な所作だと思うけど。
(つうかLifeTouchNOTEが通信に関しての癖がありすぎな気もするが。)

うーむ、D25HWは会社も中華製。RS-CV0Cは生産こそ中華だけど会社はネットインデックスなる日本企業。他意はないが。
(余談。この会社の親玉はペルソナシリーズのアトラスをブランドに持つインデックス。)

これからは安定した携行通信環境でウハウハですわ。
でもまあ、イーモバの方は災害時にはドコモ回線より役立ちそうだから、一応保険として持っておく所存。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
半期に一度の更新大盤振る舞い 古関製造社些末時報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる